• スタジオムーン

アフター フォトウエディング(笑)17 県民の沖縄そば事情

皆さんこんにちは 「チーム スタジオムーン」です。 今回は、沖縄に来られたら、まず1回は食べるであろう沖縄の食べ物、そう「沖縄そば」の話です。 それも沖縄県民の沖縄そば事情です。 沖縄そばって、観光用と思っている人いませんか? 観光では一般的でも、地元の人はあまり食べない…ってよくありますよね。 沖縄そばは、全く逆です、 沖縄県民もメッチャ食べます。 というか、麺は「沖縄そば」のみと言っても過言ではないでしょう。 今回も、県民事情をチェックするため、一般的なスーパーの情報を。

まず、麺類のコーナーに行ってみると、面積の90%程度が沖縄そばです。 「うどん」や「和そば」の存在は、ほぼありません(笑) またこの沖縄そばの麺の種類が多いのです。 その地域の麺があるのです。 地域によって、ちぢれ気味、太め、平麺、ストレート、ふーちば(よもぎ)など様々。 お好みと、その日の気分と、価格で買います。 一番の違いは「量」。 1人前づつ袋には入っていません。 大体、400グラムとか500クラムで一袋。多い時は「1キロ」単位で販売しています(笑) とにかく、沖縄県民はメッチャ、沖縄そばが大好きです。

当然、スープも一緒に売っています。 スープも色々と種類があります。 あっさり、コク味、コッテリ、魚介、とんこつ風 など様々。

ですが、一般的なのが「袋入り」スープ。 実は「スープは袋」って、普通と思っていましたが、お客様と話をしていると、 この袋入りが珍しいと聞いて、逆に驚いてしまいました(笑) 沖縄そば 観光地で食べて「今一つ」という声もたまに耳にします。 そんな残念なことにならないように、スタジオムーンで撮影をした際に、滞在中の色々な情報をゲットしてください。 スタジオムーンは撮影だけの会社ではありません。 実際に旅行業のライセンスも持った「サービス業」です。 美しい写真を永遠に 楽しいフォトウエディング  これが「チーム スタジオムーン」です\(^o^)/

5回の閲覧0件のコメント