• スタジオムーン

アフター フォトウエディング(笑)9  ショッピング②

更新日:2020年2月26日

皆さんこんにちは 「チーム スタジオムーン」です。 今回は、スタジオムーンのある恩納村で一般的によく食べるけど、ちょっと珍しい野菜に関してお話しします。 スタジオムーンのフォトウエディングの後に、野菜をお土産にすると、自宅の食卓で沖縄を思い出して楽しいかもしれませんね。

まずは「島ラッキョウ」 これは本当によく食べます。

時期は、冬から春にかけて。

12月〜2月くらいのものは真っ白でスラリとした形で、柔らかく甘みもあり生食に適しています。

4月くらいになると小ぶりの球型に膨らんできます。固くなり辛味が増して刺激臭も強くなるので、漬物や炒め物、天ぷらに最適です。

とにかく「チーム スタジオムーン」がバリバリ食べています。

お土産にも最適です。

赤ラッキョウ ってものもあります。

らっきょうの辛み成分が、通常のものに比べて優しいです。

色もおしゃれで、意外と食卓が盛り上がります(笑)

よもぎ   沖縄では一般的に「ふーちば~」といいます。 すこし癖の強い食材の時に、一緒に「ふーちば~」を生のまま入れます。 例えば「てびち汁」「山羊汁」など ※山羊は沖縄のヘビーリピーターになってからでも大丈夫です。「チーム スタジオムーン」も全員苦手です( ;∀;) ふーちばジューシーというおにぎりもあります。 ジューシーは炊き込みご飯の時もあれば、「ポロポロジューシー」と言って、雑炊みたいなものもあります。


雲南百薬(うんなんひゃくやく) オカワカメとも言われていて、茎葉は加熱すると、ぬめりが出て、食感も色つやもワカメのようです。 百薬の名前の通り、ミネラル(カルシウム、マグネシウム、亜鉛、銅)、ビタミンAを多く含み、栄養価が高いことから、健康野菜として