• スタジオムーン

アフターフォトウエディング 沖縄 恩納村(おんなそん)は、そろそろ春です

更新日:2020年2月26日

皆さん こんにちは 「チーム スタジオムーン」です。 今日は日中、気温も割合高く、風も少なく、暖かい日差しもあったので、スタジオの周りを歩いて散歩していました。 色鮮やかな花が一杯咲いていましたので、思わず携帯で撮影しました。 そろそろ、沖縄 恩納村も春が近いですね。

これは「桜」です。緋寒桜(ヒカンザクラ)と言います。 一瞬、梅と間違えそうですが、花びらの先端が薄いピンク色をしていて、梅と桜を混ぜたようになっています。 そろそろ沖縄では「桜祭り」が各地で始まります。


これは「庚申バラ」と言います。 小ぶりの花をつけて、沖縄の家の周りでは結構咲いているのを見かけます。 特に恩納村では、庚申バラを使った化粧水などもあり、生活の中に親しまれている花です。


これはフウリンブッソウゲ(風鈴仏桑花)と言います。 ハイビスカスに似た形状です。 風に揺れる姿が風鈴に似ていることから命名されたそうです。 一輪だけで咲いているのを見かける、とても可憐な花です。


これはブーゲンビリアです。 撮影でよく利用する「ムーンビーチ」にたくさん咲いています。 ですが家の周りや、自然に咲いていることも多く、華やかで南国らしいお花です。 とても笑顔にするお花です。

これはご存じ「ハイビスカス」です。 ハイビスカスは、年中花を咲かせますが、暖かくなるとより多く、また大きな花になります。 「ムーンビーチ」には、赤色意外に、ピンクや橙、黄色など様々な色のハイビスカスが咲いています。 ちなみにハイビスカスは「一日花」で、翌日には萎んでしまう可憐な花なのですよ。